エピローグ -しかし- はじめに

2000年5月

 
新しい世紀の始まりを見ることなく
母は静かに旅立った


薄暗い病室の窓から見える空は
まさしく五月晴れ
雲ひとつ無くどこまでも青く


眩しいほどの生命の輝き


ポジとネガ





【ゆすら梅】

いつの日か母が庭に植えたいと願っていた樹




ここに
母が残した最後の2年間の日々の手記と
その時感じた私の思いを綴っていこうと思う。

  

(99%の事実に1%の私の主観を混ぜて)






                  junbe



p.s.

同時に

現在の私、過去の旅の思い出なども綴ります


最新の記事はこの下から始まります

(最初から時系列を追って読まれる場合は、お手数ですが
 最後のページから“前のページ”を順にクリックしてご覧ください)
[PR]

# by yusuraume-minoru | 2017-10-26 21:28 | ごあいさつ | Comments(8)  

最後の入院

2000年

5.18  晴曇
昨日同様咳込む。起きて座っている方が少し楽な気がする。
夕方の薬の時、胃薬、風邪薬を飲んだ



More
[PR]

# by yusuraume-minoru | 2016-10-29 22:10 | 闘病日記(母の手記より) | Comments(0)  

終(つい)の日々

2000年

5.7 曇
朝、咳込んだら、親指の爪位の血痰が出た。


More
[PR]

# by yusuraume-minoru | 2016-10-26 22:53 | 闘病日記(母の手記より) | Comments(0)  

目覚め?

b0194964_10133673.jpg

皆さま大変ご無沙汰しております

More
[PR]

# by yusuraume-minoru | 2013-04-04 10:21 | ごあいさつ | Comments(4)  

雨夜の訪問者

夜、帰宅したら
玄関先に珍しい客人が待っていた

ゲロッ(閲覧注意)
[PR]

# by yusuraume-minoru | 2012-10-18 23:24 | 日々雑感 | Comments(0)  

ニューバージョン

b0194964_1229421.jpg

秋の味覚シリーズ

More
[PR]

# by yusuraume-minoru | 2012-09-28 12:53 | てきとーごはん | Comments(0)